【癒しの占い 和(なごみ)】


占いは人生の方向指示器です。


お陰様で長年、人様の運勢を判断させて参りました。様々な運勢を判断して感じたことは「人は自らの運勢からは滅多なことでは逃げられない」という一 つの結論に達したのです。成功者は成功する運勢と成功するための努力と成功する適職を選んで、結果その通りに成功しています。逆に不運にも開運できない人 や、災禍や事件に見舞われたりまたは自ら起こして地位や名誉・信用を失って公の場から姿を消した有名著名人の鑑定も数多くするうちに、先ほどの「人は自ら の運勢からは滅多なことでは逃げられない」という悟りめいた結論に達しました。良くはないとされる運勢の人は益々良くはない方向へ向かって駄々走ってゆく 傾向にあります、これは本人様の罪でもなく、単にその人の運勢の為せる業でしかありませんが、少しの気持ちの持ち様や考え方を違った方向に変えるだけで一 転して大発展する運勢も珍しくはありません。それらの基本的な運勢を判断するのは安倍泰山流四柱推命が大いに力を発揮いたします。

占いの種類とその特徴と長所

占いには様々な種類があります、和(なごみ)で採用している占いのい くつかをご紹介いたします。
安倍泰山流 四柱推命
生年月日時刻から運勢を判断する占いも数えきれないほどありますが、四柱推命は群を抜いた歴史と実績と実力があります。例え親子で あっても運勢はまた別物です「俺の子なのに」とか「私の子供なら」という前にお子さんの本当の運勢を見抜いて将来の進学の方向性を定めるのが究極の開 運法になります。親御さんが苦労して立ち上げた事業であっても、お子さんに事業を営む運勢が無い時はお子さんの人生を無駄にしないためにもお子さんの適職 に就かせてやるのが本当の親のするべき事ではないでしょうか。
方位吉凶判断(九星気学)
方位判断は現代ではほとんど忘れられた占いの一つですが、昔から引っ越しの時には方位吉凶判断は一般的に良く行われていました。方位 判断は特に年月の九星盤を基にしてその人の生まれた九星本命の吉凶から方位と時期をチョイスします。理想的には年月ともに吉方位となるのがベストなのです が、急に引っ越しを思い立ってもなかなかそうも行かないのが現実ですので、せめて数年前から引っ越しに適してる方位と年月を調べて参考にしておくのも理想 的な九星気学の活用法だと思います。九星本命は同じ家族でもそれぞれに違いますので、引っ越しの際には家族全員の判断をするようにしてください、一つ間違 えば命をも落としてしまう恐ろしい凶方位もありますので注意が必要です。
相性判断
人にはウマがあうあわないということがあります、これは全て相性に直結しています。特に結婚相手との相性判断は非常に重要視されま す、互いに第一印象が良くて恋に落ちてそのままの勢いで結婚しても、同じ屋根の下で生活をしてゆくうちに意見の対立が絶えなくなって離婚に至る人々も沢山 鑑定してきました。そのすべてが互いの相性が良くないカップルばかりです。逆に相性が良いとされる日干同士が干合して地支も三合してる鴛鴦の合の関係で あっても結婚が破綻する場合があります、それは相手の人の運勢資質が大きな原因となるからです。六十干支それぞれにベストな日干支の相手がいますが、相手 の資質があまりにも悪かったら、相性が大吉としてもその結婚はお勧めはできません。人間関係の相性も同じです、どんなに良い相性と思っていても相手があま りにも暴虐武人な運勢性質であれば近寄るべきではありません。夫婦だけではなく、結婚前の恋人同士、友人知人との関係をうまく出来る方法もアドバイスいた します。






💛

💛